読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己紹介

白浜町からおはようございまーす。
食べるものすべてがおいしいと感じるマッキーです。

いやー本当に移住してから食べ物すべてが凄く美味しいんですよねww
海の幸に山の幸。今の時期はどちらかと言うと山の幸の方が多いかもww

 

さてさて、今日は自己紹介を致します。

名前:マッキー
年齢:33歳
趣味:音楽鑑賞・ピアノを弾く・ロードバイクでロングライド・あわゆくばスキューバーダイビング

とまぁ、こんな感じです。スキューバーは今年の夏から和歌山の海をもぐりたいと思ってますww(^^)

ロードバイクは昨年秋から2年目に入っています。
平均50kmから80kmのところを目的地として走っていますね。
1日で一番走ったのは最高で富山県に行ったときの101kmですね。

 

で、何で移住をしようと思ったかというと…
究極言うと仕事や都会の環境などにまみれた自分の人生に、自分の力で一石投じてみたかったっていう感じなのかなと…。

きっかけは両親。『将来は田舎へ移住して余生をゆっくり過ごしたい』というのをはじめて聞いたとき、僕は19歳や20歳ごろで、そんなこといわれても自分は専門学校卒業して、仕事に副業に邁進したいし大阪楽しいし…。「老夫婦お二人でどうぞ」と言った事も在ります。

でも、自分が20歳を過ぎてから色々経験するようになって、価値観が変化したり
30目前にして転職を考えたときも、求人サイトをにらめっこしながらもなんか違和感があって…その違和感が何なのか、どこから来てるのかに気付いたとき「本当にこのままでいいんだろうか?そんなに好きでも無い給料を稼ぐ為の仕事して(副業は大好ききでしたが)、ずーっと大阪のままで幸せなんだろうか?もしこの状況のまま自分が明日死ぬとしたら悔いだらけで成仏できないな」って考えたとき「1度きりの人生、特にアクシデントがない限り急に死ぬことがないのであれば、自分がこの世を去るときに『あぁ!楽しい人生だったなぁ』って思って死のう!」と思いました。

で、大阪でのメインの仕事は人とほぼほぼ接して働かない会社でした。だからこれからは人と接して働きたい、そして大阪を離れてみてもいいかなと思って移住先を3年ほど前から探し始めた、、っていう感じで今に到りますww

 

明日は、なぜ和歌山県に落ち着いたのかを書きたいと思います^^

 

長文ごらん頂有難うございました。ww